金龍窯で日々作陶活動しております作者を紹介いたします。

 
中村一代
  • 「新しい創造性とは何か」常に前進しゆくことは絵師である私にとって大きなテーマです。 巧みな有田焼の技術・技法はその新しい挑戦を続けてきた美しい結晶と言えます。 私が現在描いている「陶磁器キャンバス」は陶磁器の長い歴史の中で伝統技術をふまえつつ誕生した 「新たなる有田焼」です。 今後も陶画の道で日々精進し、伝統が未来へと繋がってゆくことを強く望んでいます。

プロフィール

【昭和45年】
・白石町生まれ

【平成2年】
・佐賀県立有田窯業大学校を卒業後、金龍窯に入社

【平成9年】
・第19回「白陽会」に初出展

【平成13年】
・第23回「白陽会」に出展。以後毎年出展

【平成14年】
・佐賀県美術展覧会(県展洋画部門「樹」)初入選
・福岡県田川市にある青楽園の依頼により陶板壁画「ハワイの風景」を描く

【平成15年】
・県展洋画部門「大地の息吹」入選
・デザイナー永石繁信氏の協力により江北町ふれあい広場にある陶板壁画「輝ら里」を作成

【平成16年】
・陶板壁画『明星桜』を製作(伊万里市山代町西田病院様所蔵)
・大陶板『瀑布図』を製作(佐賀三洋工業様所蔵)
・佐賀県美術協会展洋画部門『NEHAN』佳作受賞
・県展洋画部門『ツカサキ』入選

【平成17年】
・大陶板『戸上の園』を製作(佐賀市戸上電機製作所様所蔵)
・美協展洋画部門『然>』入選
・県展洋画部門『KANATA』入選

【平成18年】
・佐賀県佐賀市 高伝寺前村岡ギャラリーにて初個展
・県展入選
・美協展 美術館長賞
・二紀展 初出品。初入選(東京都美術館)

【平成19年】
・佐賀市高伝寺前村岡ギャラリーにて『金龍窯五人展』
・県展入選
・美協展 美協賞(一席) 会友推挙
・二紀展入選(東京六本木国立新美術館)

会員

・武雄陶芸協会会員
・二紀会佐賀支部員
・佐賀県美術協会会友

作品絵柄

作者紹介


伝統工芸士 江口天童

江口天童

詳しくは・・・

陶画士 中村一代

中村一代

詳しくは・・・

↑ PAGE TOP