ごあいさつ(代表取締役:坂口佳世子)


坂口佳世子

  海を渡り、世界の人々の心を魅了した有田焼の伝統技術。しかし、今では機械化や合理化を余儀なくされ、有田の陶工達が400年におよぶ時間の中で、伝え育んできた技術技法が失われつつあります。中でも有田焼の最大の特徴ともいえる絵付けの技術・技法は、転写(印刷)技術の発展とともに衰退してきました。
 私は、有田焼本来の伝統技術や技法を存分に活かし、尚かつ新しい技法を取り入れ、手作り手書きでしか味わえることができない、職人の技や人間の温もりを実感できる作品を制作して参りたいと思っています。
それには、絵付師をはじめとする有田焼の伝統技術を伝える金龍窯の陶工達とともに、伝統文化を守り、さらに新しい芸術的発想で有田焼の文化を高めてゆかなければなりません。
 私どもの作品は、「観て」・「感じて」・「歓んで」・「時間をおいても見飽きることのない」・「完成度の高い」作品を目指してます。この五つのカン『五カン』を感じれる、期待を超える作品を作成して参ります。




会社概要


社 名
株式会社 金龍窯
所在地
〒849-2305 佐賀県武雄市山内町宮野347
電 話
0954-45-3438
URL
http://kinryu-gama.net
従業員数
18名(平成16年6月1日現在)
資本金
2,300万円
代表取締役
坂口佳世子
本 社
〒849-2305 佐賀県武雄市山内町宮野347
赤田工場
〒849-2305 佐賀県武雄市山内町古屋敷4295


【会社沿革】


1978年7月
「古赤絵窯」として創業。
 伝統的有田焼の美術品製作を手掛ける。
1983年7月
「金龍窯」に窯名変更。
 有田焼大物美術品業界においてトップのシェアを確立。
1992年1月
「有限会社 金龍窯」を設立。
2004年6月
「株式会社 金龍窯」へ組織変更。
     

↑ PAGE TOP